実用最小限の製品(MVP) メモ

リーンスタートアップの要は、「仮説を検証するための必要最低限の製品(MVC)を作り、計測を行い、方向転換 OR 辛抱の選択を行う」のサイクル・バッチサイズを小さくまとめそのサイクルを出来るだけ早く回して行くということ。そして、MVPは事業仮説を検証するためのもの。