教師にITは教えられない

ITは言語であり、芸術である。自分が育つ過程で身につけてこなかったものをいきなり他人に教えるのは冒涜だ。
アメリカの先生に(教員免許を持っているからという理由で)日本映画を1本見せて、さあ、日本語を自分の生徒に教えてごらん、というのとほとんど同じである。
ビジネスウェポン 著:大前研一 P.153

そのとおりだと思う。そしてその先生たちに教えられた生徒が今の20〜25歳くらいなんだと思う。
EXCELとかWORDとかプログラムなんかは教科書どおりに動かすだけ。それじゃ楽しくもなんともない。
EXCELマクロを作るのって意外と楽しいはずなんだけど、創造性をつぶすとただのカリキュラムになってなかなか定着しないんだと思う。


子供たちにITを教えるのはこどもたち同士で学ばせてバックにおばあちゃんをおくことだ。

スガタ・ミトラ : 自己学習にまつわる新しい試み | Video on TED.com

教育科学者スガタ・ミトラは教育における最大の難問に取り組んでいます。それは優秀な教師や学校というのは一番必要とされている地域に存在しないということです。ニューデリー、南アフリカ、イタリアなどの現場で実験を重ねるなかで、子どもたちに自己管理の下にウェブを利用させた結果、教育の概念が根本的に変わる可能性を目にしました。

ITは必須でかつ楽しいものなので必然的に利用していく。ってことなのね。