【ふと思ったこと】頭を使うところと、頭を使わないところ。脳みそのメモリーリークがうつ病に繋がる?

  • スコープ
  • ライフサイクル
  • 頭を使って考えるところ
  • 頭を使わなくてもよいところ(考えないところ)

考えないといけないところが多すぎると必ずバッファオーバーフローを起こす。

不安や悩みは考えてもムダなんだけども、頭のメモリを侵食していく。

つまりメモリリーク。

不安や悩みは紙に書き出すことでメモリを解放出来るらしい。

人間の脳には忘れるというガベージコレクションが存在する。

紙に書くことでガベージコレクションが行われ脳のメモリリークを防ぐ。

言葉に吐くことでメモリリークを防ぐ。

悩みが多かった時に考える余地がなくなり、頭がしびれてくる。

眠れない夜を過ごす。

頭がしびれて手足が熱くなって眠れなくなる。

寝るということも脳のガベージコレクション。

メモリリークを防ぐ役割がある。

だから睡眠はとても大事。

考えなくてもいいこと。

考えなきゃいけないこと。

後ろから知らない人に刺されるかもしれないという不安は考えなくてもいいこと。

後ろから知らない人に刺されたときは、考えなきゃいけないこと。

刺されたらどうするかは考えててもいいこと。 でもそんなこと沢山沢山頭の片隅に置いていくとメモリリークが発生する。

イシューはどこにあるのか。