読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITシステムを3種類に分ける

ガートナー|Oracleで成功するためのペース・レイヤリング・アプローチを読んで確かにそう分別したら良さそう。と感じたのでメモ。

ガートナーによるアプリケーションのペース・レイヤリング戦略は、記録システム、差別化システム、革新システムという3つのレイヤに対処することで、リーダーの成功を支援する

  • 記録システム

    • トランザクション処理をサポート
    • 企業の重要なマスタ・データを管理
    • 成熟度の高いパッケージ型アプリケーションや自社製のレガシー・システム
    • プロセスが既に確立され、ほとんどの企業で共通している
    • 変更のペースが遅い
  • 差別化システム

    • 企業固有のプロセスや業界固有の機能を実現
    • ライフサイクルは中程度 (1~3年)
    • 頻繁に再構成することで、ビジネス・プラクティスや顧客要件の変化に対応する
    • 頻繁に再構成する必要がある
  • 革新システム

    • 新たなビジネス要件や機会に対処するために特別に構築される
    • プロジェクトのライフサイクルは最大12カ月
    • 部門単位または社外のリソースと消費者向けテクノロジが利用される

システムの寿命

レイヤ 寿命
記録システム 3年以上
差別化システム 1~3年
革新システム 1年以内

昔記録システムはjavaで差別化システム、革新システムはRailsやPHPなどのLL言語でなんて話を聞いたことを思い出しました。

関連リンク