顧客に新着情報を届ける手段(インターネット)

書きかけです。 だけど晒してみます。

  • mail
  • rss
  • sms
  • アプリの通知機能
  • facebook
  • twitter
  • LINE(アプリ)
  • Passbook

E-mail

  • メリット

    • インターネットユーザの大半が利用している?
    • メール配信サービスが充実している
  • デメリット

    • 送信方法によって届かない場合がある
    • gmail等のフィルタリングでスパム扱いされると他のユーザにも影響される?
    • 高い(サービスによっては1通1円もあり得る)
    • SES

RSS

  • メリット

    • 比較的簡単
    • 配信コストが安い(S3等を利用すると良さそう)
  • デメリット

    • RSSがそこまで浸透していない。

SMS

  • メリット

    • 携帯電話の番号に通知ができる
  • デメリット

    • 国内において一括配信の仕組みがない。(twilioくらい?しかし送信者が海外となる)

アプリの通知機能

  • メリット

    • Amazon SNS Mobile Push を利用する場合比較的安い100万通知で1ドル
  • デメリット

    • アプリを作るコストが必要。

Facebook(ページ)

Fecobookページのタイムライン

Facebook(アプリ)

facebookアプリのインストールユーザへの通知

PCのみ?

インプレッションに対するクリック率が解かる等、管理画面が整備されている

Twitter(アカウント)

twitterフォローユーザへのタイムライン

Twitter(アプリ)

アプリ連携ユーザへのダイレクトメッセージ

LINE(アプリ)

国内ユーザ4500万人 5,250円で友だち上限 10,000人のサービス。

Passbook

iOSのみ。 Passbook向けにAPNsできるみたい。

まとめ

ユーザに情報を届ける手段は以外と沢山存在しそう。 ただ計測することを念頭にサービス開発したほうがよいですよね。