読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014年の抱負

只今、2014年1月5日 深夜。

今年の抱負は、iPhoneアプリをリリースする。という去年からの引き継ぎ目標が存在するのですが、 決定事項(抱負)はギリギリまで遅らせてみることに。それが今日なのですが。

以前エントリに書いた、NHK白熱教室で見た『ライフサイクルの可能性と選択』では、22歳~28歳までが一般的に仕事の幅の拡大時期なんですね。

ということで、今年も拡大を抱負にやっていこうと考えてます。

年末に部屋の整理や本棚の整理をしていて、少し収束を意識したのですが、やはりまだ自分的には拡大したいです。

拡大という選択肢の方向性

どう拡大するか。

  • 方向性も何も考えず拡大する
  • ある程度方向を決めて拡大する
  • 方向を絞って拡大する

選択と集中が重要。

であれば、今は選択肢を増やすステージだと考えてみよう。

ということで、方向性は特に考えない。

拡大範囲のスコープ

  • 純粋に開発力を延ばす
  • 新しい開発にチャレンジする
  • iPhoneアプリのリリースの流れをつかんでおく
  • 開発回りの環境を意識する(DevOpsや継続的インテグレーション)
  • ビジネススキルを延ばす
  • 人として伸びる
  • 良い父親像を考えてみる
  • 健康を意識する
  • 学びを拡大する
  • facebookアプリの開発
  • GoogleAPIを色々試す
  • ECサイト作る(物販に挑戦)
  • windows8アプリの開発
  • androidアプリの開発
  • windowsフォームのアプリ開発
  • kinect等のセンサーアプリの開発
  • USBの温度センサーとraspberrypiを組み合わせたプロトタイプの開発
  • GoogleスクリプトやGoogleCloudや、Go言語等のGoogleプロダクトの利用
  • Visual studio等のMS開発環境の利用
  • XCode等のApple開発環境の利用
  • Xamarinの利用
  • リーンスタートアップを学ぶ
  • リーンを学ぶ
  • 検証、メトリクスを深く学ぶ
  • ものさしを増やす

何を拡大するかはあまり考えず、直観と共感に任せてみよう。

スコープは特に設けない。

というわけで今年の抱負

  • iPhoneアプリのリリース(去年の宿題)
  • 新しいことにどんどんチャレンジする
  • チャレンジは拡大を意識してどんどんアウトプット。