ぞぞたうん(ZOZOTOWN )に個人法人がだれでも出品できるマーケットプレイスができるんだって。

Yahoo!ショッピング eコマース革命が始動してからそっちが気になって、見逃してた今月初めの個人的に衝撃的なニュースがあったのに気づいたのでまとめてみました。

ZOZOTOWNに個人でも出品できる!?

狙いは“アパレル総EC化”、ZOZOTOWNが個人間取引に参入

ZOZOMARKETは、アパレル関連の商品を持っている個人や法人であれば
誰でも出品できるマーケットプレイス。
出品するにはSTORES.jpでストアを開設し、
ZOZOMARKETが定める規定に沿っていれば
自動的に商品がZOZOMARKETに掲載される。

要約

  • ZOZOTOWNがC2C参入
  • 12月2日に先行登録受付をスタート⇒ZOZOにあなたのお店を出しませんか?
  • ZOZOTOWNではなく、ZOZOTOWNの中のZOZOMARKETで商品をプロモーションできる
  • インフラは現在6万店舗が集まるマーケットSTORES.jp(ストアーズ・ドット・ジェイピー)のプロモーション機能として提供

『ZOZOTOWN × STORES.jp = ZOZOMARKET』な図式。

f:id:mitsugi-bb:20131218191729j:plain

少々分かりにくいです・・・・

STORES.jpの思い。

  • 「究極的には全国のアパレルブランドをすべてEC化して、オンライン上でアパレル商材を買うときはZOZOTOWNかSTORES.jpが関わっているようなイメージを描いている」

  • 「中小アパレルブランドの大規模なマーケットプレイスはこれまで存在していなかった。指名買いではなく、ネット上で良いアイテムを探すことを楽しむカルチャーを醸成しつつ、最適な売り方を模索したい」

By 株式会社Bracket 代表取締役 光本勇介さん。

STORES.jpにある6万サイトのうち6~7割はアパレル関連

だそうです。

スタートトゥデイ 「ゾゾ」内に新モール、「ストアーズ」利用者の売り場に - 通販新聞

ストアーズは2012年9月にサービスを開始。
現在、およそ6万サイトが開設されており、
そのうち6~7割がアパレル関連という。
新サービスではゾゾタウンの集客力により、
ストアーズを利用している小規模ブランドや
EC運営に不慣れな利用者の販売を後押ししていく。

STORES.jpのプロモーション機能はZOZOMARKETの他にも

気になったので、STORES.jpのプロモーション機能を見てみたら他にもあることを発見!

f:id:mitsugi-bb:20131218192027p:plain

Q.で、いつ始まるの?

A.ZOZOMARKETへの出品は1月15日からだそうです。

f:id:mitsugi-bb:20131218193835p:plain

Q.手数料いくらなの?

A.手数料は販売価格の10%だそうです。

f:id:mitsugi-bb:20131218194029p:plain

その他のニュースサイトとかまとめとか

ブログとか