平成 24年度我が国情報経済社会における基盤整備(要は電子取引に関する調査)

平成 24年度我が国情報経済社会における基盤整備(PDF)

要は電子取引に関する調査結果 量多い・・・・

  • BtoB-EC 17.5%(広義 ECは25.7%)
  • BtoC-EC 3.11%
  • 一番の伸びが「衣料・アクセサリー小売業」(対前年比 121.5%)

  • 国内外 EC 利用者の購入経験割合が高い商品・サービスは「書籍、雑誌(電子書籍は除く)」及び「衣類、アクセサリー」

  • 国内は「食品、飲料、酒類」も多い。

  • 広義 EC(BROAD definition)はEDI等の電子取引。

  • インターネットを介したものが、狭義のEC(NARROW definition)

  • ECとは、「受発注」がコンピューターネットワークシステム上で行われることを言う。

  • JNX(Japanese automotive Network eXchange)がBtoBのECを押し上げ

    • 自動車業界の企業間電子商取引のための共通プラットフォーム
  • JCA(日本チェーンストア協会)から流通BMSへの移行

    • 主に食品
  • 「繊維・日用品・化学」においては、市場規模の縮小に伴い、広義BtoB-EC 市場規模が縮小、狭義 BtoB-EC 市場規模は横ばい

    • 日用品・化粧品業界のプラネットは増加
  • 流通総額

    • 楽天:2012年10-12月-5323億円
    • ヤフー:2012年10-12月-838億円

関連リンク

VAN(ぶいえいえぬ)value added network / バン / ヴァン / 付加価値通信網