防災情報にtwilio使えば良いじゃないか。4日くらいで実装できそう。

防災情報の伝達に関して朝のニュースでやってた。

今だったら、twilio使えば、自動音声での電話通知(アウトバウンド)の仕組みとかかなり低コストで作れるよね。 イニシャルコスト30万円くらい?(awsやtwilioのランニングコストかかるけどそんなに高くないと思う)

機能一覧と工数

  • 管理画面(1日)
  • 電話通知機能
    • 通知内容入力部分(1日)
    • 電話部分(1日)
  • 通知状況確認画面 (1日)

実装はこれくらい(約4日)だろうか・・・1人日6万円で30万円かぁ。 ここからブラッシュアップで回していけば。 アクセス制御とかサーバの設定とか試験の実施とか何にも考えてないのであれなんですが、仕組み自体は2週間程度あれば十分でサービスインできそう。

実際、niftyの事例では「実際に導入までの期間としては1週間かからずコスト削減も実現しました。」*1って書いてるし。

仕様

  • 都道府県の情報伝達先毎に担当者(複数)の電話番号を登録するメンテ画面(web)
  • 登録した電話に電話する内容を入力する画面(web+twilio)
  • 電話先で、番号プッシュで応答確認(twilio)
  • 応答確認状況の一覧を管理する画面(web)

ってこんなことはtwilioの勉強会に参加した人なら誰でも思いつく事か。

既に似たようなサービスも

ちなみに安否確認向けにtwilioを利用したサービスでアンピルというのがあるみたい。 http://ampille.com/

「防災情報伝達・提供システムの全体概要」 http://www.jma.go.jp/jma/kishou/chousa/3syou.pdf

*1:http://twilio.kddi-web.com/case/nifty.html