コピーライターという仕事は言葉の彫刻家なのです。

彫刻というのを知っていますか?

彫刻とは、木、石、土、金属などを彫り刻んで、
物の像を立体的に表すことを言います。(wikipediaより)

自分の発する言葉というのは彫刻と同じです。

ぱっと浮かんだ言葉を考えもせずに発するということは、
彫刻せずに材料をそのまま相手に渡しているのと同じです。

あいてはあなたの材料をもとに何を発しているのか、
推測しながら話を聞かなくてはいけません。
角の尖った材料はときに相手を傷つけることがあります。

言葉を発する際に、相手のことを思いながら言葉を彫刻してください。

そして言葉を相手にプレゼントするのです。

言葉は丁寧に、丁寧に彫刻すればするほど相手に伝わるはずです。

コピーライターという仕事は言葉の彫刻家なのです。

※引用にしてますが引用じゃないです。

考えてから話そう。まとめてから話そう。あわてる必要はない。

「いつも大急ぎだが、決して慌てふためくことはない。」
 by ジョン・ウェズリー

頭の回転がいい人ってこの言葉の彫刻が速いってことなんだと思う。 って考えると多分トレーニングでどうにでもなりそうな気がする。メンターは必要だろうけど。