読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GMOクラウド VPSのマイクロプランでnode.jsのコンパイル時間を計測する

aws

rootで実行

yum -y install wget openssl-devel gcc-c++ make
wget http://nodejs.org/dist/v0.10.0/node-v0.10.0.tar.gz
time tar zxvf node-v0.10.0.tar.gz
cd node-v0.10.0
./configure
time make
make install

version 0.10.0なので、ec2と正確な比較にはならないのですが、 EC2は前回のエントリから結果を。

解凍時間

tar m1.xlarge m1.large m1.small t1.micro GMOクラウド VPS
real 0m0.851s 0m1.034s 0m3.999s 0m1.286s 0m1.553s
user 0m0.680s 0m0.736s 0m1.712s 0m0.560s 0m0.737s
sys 0m0.496s 0m0.504s 0m1.660s 0m0.420s 0m0.762s

コンパイル時間

make m1.xlarge m1.large m1.small t1.micro GMOクラウド VPS
real 6m16.558s 6m14.260s 13m45.992s 39m51.288s 6m47.398s
user 4m54.962s 4m52.074s 10m48.917s 29m23.018s 4m7.297s
sys 0m46.923s 0m46.819s 2m15.564s 6m20.580s 0m37.334s

性能に対するコストパフォーマンスは凄く良いです。 m1.largeにCPU性能が近いので価格比較すると、重度リザーブドインスタンスの半額。 m1.smallと価格比較すると、バージニア州の重度リザーブドインスタンスと同等くらい。 東京だと2万円こえるので、やっぱりGMOクラウド VPSのコスパはよさそう。

スペック EC2(m1.small) GMOクラウド VPS
メモリ 3.75G 2G
CPU 2 ECU(2 ECU × 1仮想コア) 仮想3コアリソース保証
HDD 410 GB 100GB