読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

経営者の辞めどき

わたしは、もし勉強するのが嫌いになったらトップは辞めなさいといっています。
勉強嫌いになった証拠は次の五つでチェックできます。
ひとつは「俺の若いころは」とか「昔は・・・」というように、過去をなつかしみはじめることです。
ふたつめに「同窓会に行きたくなった」と言いはじめることです。
三つめは「俺はそのころまで生きていないから関係ないね」といって、自分が生きていない将来のことに興味がなくなることです。
四つめは、「男性でも女性でも、異性に興味がなくなる」ことです。
そして五つめは、「結婚式の披露宴でテーブルスピーチを頼まれて、特別の場合を除いて三分間以上話す」ようになったら要注意です。
法則 「時流を読む未来を読む」 著:船井幸雄 P.174

なるほど。的を得ている気がします。ただ、経営者に留まらずな気もします。

  1. 「俺の若いころは」とか「昔は・・・」と過去を懐かしむ
  2. 「同窓会に行きたくなった」これも過去を向いている。
  3. 「俺はそのころまで生きてないから関係ないね」未来をみていない。
  4. 「男性でも女性でも、異性に興味がなくなる」これは人としての好奇心がなくなってるってことか。
  5. 「結婚式の披露宴でテーブルスピーチを頼まれて、特別の場合を除いて三分間以上話す」
    • これが勉強嫌いになった証拠かどうかはわからないけど、経営者がだらだら話しをしているのを見たくはないかも。

勉強嫌いになったら経営者を辞めるとき。