【"make install"したソフトウェアを管理できる超便利ツール】pacoを試してみました。(centOS5.5)

"make install"したソフトウェアを管理できる超便利ツール「Paco」 - RX-7乗りの適当な日々を見てすごい便利なツールがあるんだ!と感動し試してみました。

rootで行いました。

[root@localhost ~]# yum -y install gcc-c++
[root@localhost ~]# wget http://downloads.sourceforge.net/paco/paco-2.0.7.tar.gz
[root@localhost ~]# tar zxvf paco-2.0.7.tar.gz
[root@localhost ~]# cd paco-2.0.7/
[root@localhost paco-2.0.7]# ./configure --disable-gpaco
[root@localhost paco-2.0.7]# make
[root@localhost paco-2.0.7]# make install
[root@localhost paco-2.0.7]# make logme

確認

[root@localhost paco-2.0.7]# paco -a
paco-2.0.7
[root@localhost paco-2.0.7]# paco -ao
--disable-gpaco

rubyをソースからインストールしてみる。

[root@localhost ~]# wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.8/ruby-1.8.7-p302.tar.gz
[root@localhost ~]# tar zxvf ruby-1.8.7-p302.tar.gz
[root@localhost ~]# cd ruby-1.8.7-p302
[root@localhost ruby-1.8.7-p302]# ./configure
[root@localhost ruby-1.8.7-p302]# make
[root@localhost ruby-1.8.7-p302]# paco -D make install

インストールしたrubyを確認

rubyがインストールされたことを確認
[root@localhost ruby-1.8.7-p302]# ruby -v
ruby 1.8.7 (2010-08-16 patchlevel 302) [i686-linux]
pacoで確認
[root@localhost ruby-1.8.7-p302]# ruby -v
ruby 1.8.7 (2010-08-16 patchlevel 302) [i686-linux]
[root@localhost ruby-1.8.7-p302]# paco -a
paco-2.0.7  ruby-1.8.7-p302
[root@localhost ruby-1.8.7-p302]# paco -ao
paco-2.0.7:
--disable-gpaco

ruby-1.8.7-p302:

インストールしたrubyをアンインストール

[root@localhost ruby-1.8.7-p302]# paco -r ruby-1.8.7-p302
Remove package ruby-1.8.7-p302 (y/N) ? y

アンインストールを確認

[root@localhost ruby-1.8.7-p302]# paco -a
paco-2.0.7
[root@localhost ruby-1.8.7-p302]# ruby
bash: /usr/local/bin/ruby: そのようなファイルやディレクトリはありません

suで入りなおしてコマンドをたたくと以下のように。

[root@localhost ~]# ruby
bash: ruby: command not found