食品流通記録に保存義務

農林水産省/トレーサビリティ関係

  • 食品のトレーサビリティとは?
    • 食品がどこから来てどこへ行ったかわかるようにするもの
  • 効果
    • 問題が発生した際、商品を特定した迅速な回収
    • 問題が発生した際、問題の発生箇所の速やかな特定
    • 問題が発生した際、安全な他の流通ルートを確保し、安定的に供給
  • 取り組むには?
    • 個々の生産者・食品事業者が、何を、いつ、どこから入荷し、何を、いつ、どこへ出荷したかを記録・保存
      • たとえば、伝票の保存や荷受情報の記帳

※あくまで食品の移動を追跡できるようにしておくことであり、そのことで直ちに食品の安全が確保されるものではない

  • たとえば仕入れ伝票で必要な項目
    • 納品日
    • 取引先
    • 品名
    • 数量

定義

  • 食品
  • 食品のトレーサビリティ(追跡可能性)
  • 内部トレーサビリティ
  • 一歩川上(への遡及可能性)
  • 一歩川下(への追跡可能性)
  • チェーントレーサビリティ
  • トレーサビリティシステム
  • データ
  • 生産(栽培、飼育、養殖、採捕)
  • 処理
  • 加工
  • 製造
  • 流通・販売
  • プロセス
  • 識別
  • 識別単位
  • ロット
  • 識別記号
  • 対応づけ
  • 不適合
  • 食品由来のリスク
  • リスク管理
  • 分別管理
  • 事業者
  • 取組主体

管理システムの世界標準

  • HACCP:危害要因分析にもとづく、危害要因と必須管理点の特定と監視
  • ISO 9001:品質マネジメントシステム −要求事項
  • ISO 14001:環境マネジメントシステム −要求事項及び利用の手引
  • ISO 22000:食品安全マネジメントシステム −フードチェーンの組織に対する要求事項

電子情報システムを構築する場合の留意点

電子情報システム基本設計実施のための業務分析
  • 実施計画における識別単位や識別記号の定義
  • 実施計画における識別・対応づけのルール、情報の記録・伝達の様式や方法
  • 入荷業務、製造業務、出荷業務
  • コンピュータの活用実態(データベース、入出力方式、人材など)
電子情報システム基本設計のための仕様の整理
  • データベース仕様
  • 入出力仕様
  • 外部通信仕様
  • システムのハードウェア構成(基本構想書における共同利用型データベースセンターの設置の有無も考慮)
電子情報システム開発を外部に委託する場合に必要な事項
  • 電子情報システム開発委託のための準備作業(実施計画の策定を含む)
  • 電子情報システム開発委託先の決定
  • 電子情報システム開発委託先の管理
情報システムを自前で開発する場合に必要な事項
  • 電子情報システムの基本設計
    • 実施計画にもとづいて設計を行う
    • データのバックアップ方式やセキュリティシステムにも留意する
  • 電子情報システムの実施設計
    • 情報伝達方法との整合性にも留意する
    • 電子情報システムの開発