簿記。3つの前提条件〜会計公準〜

簿記には3つの前提条件がある(会計公準〜accounting convention〜)

  • 会計単位(企業実体の公準)
    • 会社
    • 商店
    • 家計
  • 会計期間(継続企業の公準)
    • 個人企業
      • 1年(1月1日から12月31日まで)
    • 法人企業
      • 1年または半年(日本では4月1日から3月31日までが多いが、7月1日から6月30日までなど、自由に決めることができる)
  • 貨幣金額表示(貨幣的評価の公準)
    • 経営活動を記録する上で最適な尺度が貨幣。貨幣金額で表示できるものを簿記の対象とする

会計期間

  • 当期
    • 上半期
      • 第1四半期
      • 第2四半期
    • 下半期
      • 第3四半期
      • 第4四半期