読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秀丸からRubyを実行する。〜秀丸からの連投を目指して〜

昨日の日記で、紹介した、
秀まるおのホームページ(サイトー企画)−RubyEval for 秀丸マクロ Ver.0.02を入れたんですが、[Rubyスクリプトメニュー.mac]ってのがあったので、起動したら、下記エラー
f:id:mitsugi-bb:20080521021139j:image
早速、google:DengakuDLL.dllしてみる。
M. Sugiura Personal Web Page [Root]というサイトより頂戴いたしました。

Rubyスクリプトメニュー.macをショートカットに登録して。

さぁ実行。

左クリックで選択した箇所をどのRubyで処理するか選択できるなんて。
なかなかすばらしいです。

ちなみに、マクロファイルの中の下記行の、

$newstr = dllfuncstr("rubyEval", currentmacrodirectory + "\\RubyEval\\toupper.rb", $str);

"\\RubyEval\\toupper.rb"の部分を自作のRubyスクリプトに変更すれば、呼び出せます。

そして、左クリックで選択した箇所が、Rubyソースの

$RUBY_EVAL_INSTR

に入っています。
で最後にreturnされたものが、左クリックで選択した箇所に上書きされます。

サンプルの、toupper.rbは、

$RUBY_EVAL_INSTR.upcase

とだけしてあるみたいですね。