Web進化論-本当の大変化はこれから始まる-

[大阪←往復→京都]で読んでいました。

目次を写してタイプするだけで、手に汗にぎる感じです。
とりあえず今日読んだ部分の目次。

序章 ウェブ社会-本当の大変化はこれから始まる
 「チープ革命」が生む方向性 / 「知の世界の秩序」再編へ / 大変化はゆっくりと、でも確実に社会を変える / インターネットの可能性の本質 / ネットの「善」の部分を直視せよ / ネット世界とリアル世界 / 「二つの世界」は理解しあえるのか


第一章 「革命であることの真の意味」
 オープンソースと三大潮流 / 時の常識と次代を変える「力の芽」 / 「過激な少数意見」 / ネット世界の三大法則 / 「何ものにも似ていない」こと / シリコンバレー長老たちの知恵 / ブライアン・アーサーの技術革命史観 / 産業革命よりも重要な転機


第二章 グーグル-知の世界を再編成する


1 グーグルの実現する民主主義
 世界政府が開発しなければならないはずのシステム / ウェブ上での民主主義


2 インターネットの「あちら側」の情報発電所
 ネットの「あちら側」と「こちら側」 / IBMパソコン事業売却の意味 / 電子メールは「こちら側」に置くか「あちら側」に置くか


3 グーグルの本質は新時代のコンピュータ・メーカー
 情報発電所のシステム / ゼロから自分たちで作る / グーグルとオープンソース / 「情報発電所」における競争優位の源泉とは /


4 アドセンス-富の分配メカニズム-
 グーグルが作るバーチャル経済圏 / 新しい富の分配メカニズム


5 グーグルの組織マネジメント
 情報共有こそがスピードとパワーの源泉という思想 / 「採用とテクノロジー」 / 「ベスト・アンド・ブライテスト」主義 / 五〇〇〇人すべての情報を共有するイメージ / 情報共有によって研ぎ澄まされるエリートたちの激しい競争


6 ヤフーとグーグルはどこがちがうのか
 グーグルと楽天・ライブドアの違い / ヤフーはメディア、グーグルはテクノロジー

ネットの「あちら側」は、クラウドコンピューティングな世界に着々と歩んでいる気がする。

Google App Engineが始まった事でこの本はさらに凄みを増している気がした。

それにしてもこの本が50円で買えたことはすばらしい。
古本市場は宝の山だ。